讃州屋島の一条寺邸を探ります

全国39県で緊急事態宣言が解除となりましたが、当方の地域では、まだ緊急事態宣言継続中です。それでも色々な部分にかなり緩みを感じる様になってきてますので、この先が少し心配になります。いずれにしても何とか早く収束してほしいです。

そんな生活の中、スマホを見る時間がどうしても増えてます。スマホをいじっている中で最近のフォトアプリが嫌味な位、有能すぎる事に改めて気づきます。
DSC_0944 (2)_320
何年か前の同日の写真を突然引っ張り出してくれるので、こんなバスどこで乗った?みたいな写真も突然出てきます。自分が忘れようとしていたバツの悪い訪問先とかもあっさり思い出さされそうで、状況によってはおせっかいな機能な気がします。

それこそ自粛中に不都合なところへ行って、調子に乗って写真でも撮ろうものなら、履歴がばっちり残るので経路不明と言えず怖いかも(どこも行ってません。念の為・・)とか思っていると、M君から「モアイ見たのは2年前の5月か」というLINEが入り、一瞬、何の話?と戸惑いましたが、丁度この時期に奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の高松へ聖地(ロケ地)訪問をしたタイミングで、女木島でモアイ像を観たことに思い当たります。
これまで、香川県の聖地に関しましては、瀬戸大橋、栗林公園、女木島、セシールさんの物流センターと主要な場所は紹介させて頂きましたが、聖地中の聖地 屋島の四国村については、かずら橋の紹介のみに留まってましたので、改めて全体をご紹介させて頂きます。
2020-05-16 (2)_640
以前にも紹介させて頂いたM君の学生時代のバイブル「関西クルージング・デートブック」によると、この四国村は「素朴な昔の日本をディスカバー」という往時の国鉄キャンペーンをもじった少し恥ずかしいフレーズと共に紹介されてましたが、昭和の終わりに至っても仙人の様な暮らしをしている一条寺源太がまさに姿を見せてくれそうな家屋が並んでます。

小雨がぱらつくあいにくの空模様の中、劇中映像をキャプチャーした写真を見ながら村内を散策します。建物一つ一つ見るたびに、ここがそうかもと思いながら見ていると、なかなか前に進めません。
DSC02122_320.jpg
それでも砂糖しめ小屋や、農村歌舞伎の舞台なども有って、普通の観光地としても十分楽しめる気がします。そして色々回っている中で、家の中の撮影は、旧下木家ではないかとあたりをつけます。
DSC02091_320.jpg
中に入り、囲炉裏の雰囲気、自在鉤(魚の模型)からもここという事で、間違いないと実感します。また後ろの箪笥(?)も当時のままです。
DSC02064_320.jpg
screenshot030 (3)_320
鳩山のさやかへの告白を隣の部屋で京子と夢子が覗いてみているというシーンもそのまま再現できる感じです。
screenshot029 (3)_320
DSC02065_320.jpg
この場所で告白を受けたさやかの嬉しい顔を思い浮かべるだけで、幸せな気持ちになります。
screenshot038 (4)_320
やはり現地を訪れるというのは贅沢だと思いますし、特に観光地であるおかげで、当時とほぼ変わってない内装に中まで入れてしまうのには興奮しすぎる状況です。
screenshot053 (2)_320
できれば、京子と夢子の様に布団でも引いてみたいところですが、それは敵いませんので、さやかに告白して、その嬉しさからそのまま倒れおちた鳩山をイメージして寝転んでみます。(分かりにくいと思いますが、ここにさやかのトランクが置いてあります。こういう所がこの番組、本当に丁寧です)
screenshot046 (4)_320
DSC02103_320.jpg
screenshot072 (2)_320
微笑ましく、さやかと源太に見守られている雰囲気でまとめてみました。モルモット役のM君が本当に羨ましい瞬間です。ドアとの位置関係逆になってますので、色々落ち着いたらまた撮り直しに行きたいところです。
皆様も是非、香川県にお越しの際は、四国村へも足をお運び頂きたいですし、四国村を目いっぱい楽しんで頂くためにも、平穏な日常の回復と、番組本編を皆さんに見て頂ける機会が早く訪れてほしいなと思います。道のりはまだ遠い気がしますが、何とか実現に向けて頑張るしかないです。因みに今週はリトルノさんの予告風Tweetは9話「一郎の逆襲」についてでした。こちらもお目通し頂ければと思います。

では、この辺りで今回も大活躍のM君の謎かけで締めさせて頂きます。お題は「囲炉裏」です。

囲炉裏の準備と掛けて
オセロの達人と解く
その心は
スミを取りに行きます

それでは、次回も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



江戸一番の美濃屋のうどんはテイクアウトできるのか?

緊急事態宣言も長くなってきました。自分はもう1か月まるまる電車に乗ってません。大学の時にホームステイに行ったとき以来のステイホームが、更に1か月程度追加になりそうで、だんだん社会復帰できる自信がなくなってきてます。

そんな日々の中、気分転換と地域のお店への理解を深める意味も兼ねてお昼は結構テイクアウトを利用してますが、先日までは一応在宅勤務なので、そんな遠出はできなかったのですが、ステイホーム週間に入り、ふと太秦にある江戸一番の美濃屋なら自転車で行って、お持ち帰り用のうどんを買って帰れるかもと思い立ちます。
美濃屋_320
京都の太秦で江戸一番?と、はてなマーク浮かぶ方も多いと思いますので、補足しますと”美濃屋”さんは、太秦の大映通り商店街にあるうどん屋さんで、中村主水こと藤田まことさんお気に入りの裏メニューもあるというその筋(どの筋?)ではとても有名なお店です。
DSC_0296 (2)_320
撮影所に出前をしていたり、出演者の方が食事に来られたりという縁もあり、必殺シリーズの劇中では江戸の有名料亭として”美濃屋”さんの名前が出ます。なお、もう一店”つたや”さんという有名店があったのですが、そちらは残念ながら2012年に閉店されてます。大映通りは、一見普通の商店街ながら看板もキャメラ型になっていたりと凝ってます。

太秦には、今も東映と松竹の撮影所がありますが、過去には商店街の名前に残る大映の撮影所もあったりと、現代の日本人の思い浮かべる江戸の風景はほぼ、この地域にあるオープンセットのものなのだと思います。
IMG_20200501_00361_512.jpg
ただ地図を観て頂いてもお分かり頂ける通り、松竹撮影所と東映の撮影所はかなりサイズが違います。(地図には入り切ってませんが、東映には更に隣接して映画村があります)
この狭さを逆手に取り、アップを多用した必殺シリーズを作り上げた松竹撮影所、王道時代劇や「科捜研の女」等の制作や開設から45年目の映画村の活用等、広いスタジオを有効に利用している東映京都と、時代劇の製作本数が減っている中でも、まさに切磋琢磨しながら、両撮影所が生き残っているのは、もはや京都の伝統産業と一つして認識されるべきと思います。
(鎌倉シネマワールドがオープンした際に、大船に住んでいただけに、以降の変遷を比較すると余計にそう思います)

因みに大映通りには、美濃屋さんだけでなく、松竹撮影所の食券利用できますという貼り紙のあるお店も有ります。
DSC_0297 (2)_320
更にこの商店街を抜けた嵐電の「帷子ノ辻」駅前には、松竹撮影所のスタッフやキャストの皆さんの打ち合わせにも使われる「スマート珈琲店」があり、数年前ですが、必殺シリーズのカメラマン、監督として著名な石原興さんをお見掛けして大興奮した事もあります。その隣のコンビニでは髷を付けたままの方が立ち読みしてたりと、この界隈はやはり特別な地域だと思います。

奥田圭子さんも、太秦地区での撮影の作品には10本以上出られてますが、「参上!天空剣士」、「月影兵庫あばれ旅」、「魔女の旋律」、「岡っ引きどぶ」、更に自分がまだ見れていない「八丁堀捕り物ばなし」は松竹撮影所(当時は京都映画株式会社)での撮影と思いますので、圭子さんもきっと撮影の合間に、この大映通り界隈でお食事をされたのだろうと推測します。
screenshot072 (2)_320screenshot053 (2)_320
そんなことを思いながら、12km程離れた我が家まで再び自転車で帰り、佳子さんも懐かしがっているかもしれない美濃屋さんのうどんを美味しく頂きました。(きつねを買いましたが、今度はお店で、見本のあげカレーうどん食べたいです)
DSC_0342 (2)_320
うどんを頂いてから、毎日放送の「ザ・リーダー」という番組に東映京都スタジオ(映画村)の山口社長が出られてた回を録画していたことをふと思い出し、視聴しました。

その中で、山口社長はリーダーとは、「後に続く人の良いところを見出し、自分の背中をきっちり見せる」という趣旨の話をされていました。時代劇文化の低迷、同じ映画のテーマパークであるUSJのオープン等を受け、過去最低の来場者数に喘いでいた映画村を復調させた方の言葉として非常に重みがあると思います。(入場者数 2010年72万人→2015年96万人)
早くコロナウイルスの影響を抜けて、映画村にも来場者が戻ってほしいです。

リーダーといえば、今週はさやか先生がトップの心構えを説くシーンも印象的な7話に関連するツイートをリトルノさんが上げて頂いてます。
TVステーションに記事が載った効果もあってか、従前より観て頂ける方が多い気がします。
screenshot075 (2)_320
更に5月1日にリトルノさんが奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の制作会社に対し、再放送、ソフト化についての嘆願書を制作会社に送付頂きました。
願いが叶い、さやか先生の笑顔、ワルキューレさやかの勇姿を皆さんに見て頂ける体制が早く整ってほしいと心から願っております。
screenshot076 (2)_320
それでは、この辺りで今週もM君から頂いた謎かけで締めさせて頂きたいと思います。
お題は、「テイクアウト」です。

インスタ映えを狙ったテイクアウト店と掛けて
晴れたゴールデンウィークと解く
その心は
素晴らしいヨウキです

それでは次回も宜しくお願い致します。

TVステーションを読みながら祖師谷大蔵の聖地に想いをはせます。

相変わらず厳しい自粛の日々が続いてます。プロ野球の再開も見通せない状況ですが、金曜日にBS-1で、2001年の近鉄バファローズのパリーグ優勝決定の試合がダイジェストでは、あるものの放送されました。

この試合の翌日は当時住んでた川崎駅のキオスクでスポーツ新聞全紙買いましたし、DVDも持っていますが、改めて観る機会はなかなか無かった中、結果分かっているのにも関わらず最後の代打逆転満塁サヨナラホームランにはしっかり感動しました。(当時の新聞の切り抜きです)
IMG_20200426_0005_512.jpg
そしてまた好きだった近鉄球団が無くなってしまった事に改めて寂しさもつのるものの、この放送が当時の監督で回復に向かっている梨田さんにエールとして届けばいいなと思ってました。

そんな中、めぐめぐさんからもご紹介いただいていたTV stationの「再放送番組 今この番組が観たい」特集で、リトルノさんが投稿いただいた奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」へのリクエストが掲載されてました。
IMG_20200426_0001_320.jpg
結構最近のドラマや、誰もが知る様な番組も多い中でしっかり紹介いただいたのはかなり嬉しいです。(ほかの番組の詳細は控えますので、是非書店、コンビニでお求め頂ければと思います)
IMG_20200426_0003_400.jpg
自分も投稿したのですが、リトルノさんの番組の内容を的確に表現した見たくなる人が増えそうな熱い文章が載った事で、魅力はより伝わった気がしますので、良かったです。またこの特集はめぐめぐさんに教えて頂いたからという訳では無いと思いますが、Kinkiさん絡みの番組が多く載ってます。
IMG_20200426_0004_400.jpg
堂本剛さんの「金田一少年の事件簿」も入ってましたので、こちらには古尾谷雅人さんもご出演されていますので、私も改めて観たいです。いずれにしましても今回の掲載で、この番組を思い出していただける方や興味を持っていただける方が増えることで、再放送、ソフト化実現にむけ一助になればと願ってます。

当ブログにも新しい読者の方が来ていただけることを願いつつ、前回に引き続き東京近辺の聖地(ロケ地)訪問につき、書かせて頂きます。

炉ばた亭はウルトラマン商店街を折れた場所にあり、3話でさやか先生が商店街から向かうシーン確認されます。この数秒のシーンから場所を特定頂いたトムゴンさんにはただただ脱帽です。
screenshot062 (2)_320screenshot061 (2)_320
放映当時は恐らく、営業時間外に店を借り切って撮影していたのかなと思いますが、炉ばた亭という名前で営業されていたかはわかりません。店の場所はこちらで間違いないと思いますが、外装も変わってます。お店の許可頂いておりませんので、店名等は控えさせて頂きます。
DSC_3489 (2)_320screenshot067 (2)_320
現地にはトムゴンさん、リトルノさん、M君、私の4名で訪問したのですが、さやか先生と鳩山先生の様にカウンターで呑みたいという事で、トムゴンさんにカウンター席を予約していただいており、ワクワクしながら店に入ります。
screenshot070 (2)_320
ただ、お店としては4人横並びでは話しづらいだろうという事で気を利かせて頂いた様で、テーブル席に案内されます。我々としては、いやカウンターで無いとと一瞬躊躇はしたものの、牙を抜かれた狼の様に「ありがとうございます」と素直にテーブル席へと向かいます。(カウンター席はこんな感じですぐに埋まってしまいました)
DSC_3504 (1)_320
screenshot071 (2)_320
経営者も内装も当時とは変わっていますが、店の雰囲気だけでテンション爆上げ状態です。
作法を理解しきってないM君は最初のドリンクにビールを頼みかけましたが、当然ここはチューハイをオーダーします。そして3話でのさやか先生を思い出しながら、「チューハイって何ですか?」、「これ、お酒?」と言いながら皆さんで頂きました。
screenshot064 (2)_320
自分のお店が32年前の番組の聖地だとはご存知ないでしょうから、お店の方々も聞こえないふりはしながら、オッサン4人組の謎の乾杯の発声に戸惑われてたのだと思います。DSC02397_320.jpg
先週もお話してましたが、普通に居酒屋で大声で話せる日々が戻ってきてほしいと思います。その時には是非、再び炉ばた亭に行きたいです。何となく湿っぽくなってしまいましたが、この辺りでM君の謎かけで締めさせて頂きたいと思います。お題は「近鉄バファローズ」です。ありがちな間違いですが、小さなツは要りませんので、ご注意ください。

近鉄バファローズと掛けて
国民民主党と解く
その心は
トウシュが目立たないイメージですね

あくまでも防御率最下位ながら優勝したチームをお題にしてますので、政治的な意図はありませんので、ご理解ください。それでは次回もよろしくお願いいたします。

祖師ヶ谷大蔵に炉ばた亭を探ります

緊急事態宣言が全国に発令されました。自分も2月に一度お会いしただけの方ではありますが、顔を知っている人に初めて感染者が出て、本当に気を付けないといけないという想いを強くしています。一方で、元近鉄監督の梨田昌孝さんは一時期の厳しい状況から回復された様で少しホッとしました。

そんな色々厳しい中ではありますが、ただジッとしているだけでも気分が滅入る一方ですので、先日初めてオンライン呑み会なるものを実施しました。

オンラインという言葉を聞くと、三和銀行の横領事件や深夜帯によくやっていた某実業グループのCMが浮かんでしまう世代だからか、参加者の中で約1名ビデオ機能使えない人がいた為、音声のみとはなってしまいましたが、無事に会話を楽しむことができました。

十分楽しめはするのですが、やはりリアルな呑み会とは違う部分も多いです。ついこの前まで、当たり前だった事が再びできる様に、今はおとなしく家にいたいと思います。

さて、呑み会と言えば、奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」では生徒の一人、青木ミカの父が営む「炉ばた亭」というお店があり、まさに今週Twitterでリトルノさんが紹介いただいている3話。4話にも登場します。
screenshot059 (2)_320
さやか先生が初めてお酒の味を覚え、その後も鳩山先生とさやか先生の憩いや情報交換、そしてデートの場として劇中の印象的なシーンを彩る重要なお店です。

今回は、そんな聖地(ロケ地)の一つである「炉ばた亭」訪問時のお話をまとめさせて頂きたいと思います。以前にもお話しをさせて頂きましたが、2018年夏にオフ会を実施し、リトルノさん、トムゴンさんと関東地区の聖地訪問を実施しました。
ウルトラマン商店街2_320
トムゴンさんの素晴らしい事前調査により、他にも数多くの聖地を特定頂いていたのですが、この”炉ばた亭”についても、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅前のウルトラマン商店街から少し外れた場所に、経営者は変わっている物の当時のお店が現存しているという情報を事前に調査頂いてました。そして聖地巡り当日の打ち上げも兼ね、現地訪問することとしておりました。

祖師ヶ谷大蔵駅を降りて、店へと向かう商店街は、お店はかなり入れ替わっているものの、3話の冒頭でさやか先生がまさに歩いている場所です。
screenshot050 (2)_320
それだけでも、大の大人(敢えていうとおっさんです)3人のテンションは上がるしかありません。劇中では、歯医者さんの看板が、さやか先生の後ろに見えてますが、今はパーラーの看板へと変わってます。
DSC_3482 (2)_320
尚、劇中では夢が丘という架空の地名に看板をつけ変えられてます。夢が丘という地名票は21話でも登場してますし、烏山興業が買い占めようとしているのも夢が丘という地域でしたので、その設定をビデオ録画しないと分からないようなこの小さい看板でも補完しているというのは結構丁寧な仕事だと思います。他の番組でもここまでやられているものなのでしょうか?
screenshot058 (2)_320
因みに、ウルトラマン商店街というのは、この近くに円谷プロがあったがゆえの名称です。
「こんな学園みたことない!」放映当時はウルトラシリーズも途切れており、円谷プロも「木曜ゴールデンドラマ」等の制作請負の仕事がメインだった時期の様です。ただ円谷プロは、この番組と同じ日曜7時がよみうりテレビ枠だった時代の「スターウルフ」の製作などもされているので、タイミングが合えばよみうりテレビの橋渡しで”ワルキューレさやか”がウルトラヒーローとの共演という様なイベント有っても面白かったなと思います。
screenshot060 (2)_320
またまた余計な妄想が湧いてきて、少しまとまらなくなってきましたので、このあたりで少し強引にM君の謎かけで締めさせて頂き、次回に続かせて頂きます。お題は「オンライン」です。

オンライン授業と掛けて
デモ隊に自宅を取り囲まれた人と解く
その心は
家でコウギを聞きました

暫くは旅行も難しい感じですが、かなり偏った先となってしまいますが、以下のカテゴリの記事も参照頂き、”オンライン”聖地訪問等、楽しんで頂ければ幸いです。

それでは次回も宜しくお願い致します。

ころばし屋は高松からソウルへと逃げきったのか?

先週は韓国へ行ってたのですが、この間blogで書いたこともあり、ダンキンドーナツが食べたくなり、空港で買いました。久し振りに食べるとおいしいですね。
DSC_0007 (4)_320
日本では食べれないからと喜んでたのですが、ふと振り返ると551の豚まんも、以前関東在住時は関西帰るたびに買って、新幹線で飯テロしてましたが、いざ関西住みに戻ると、1年以上は食べてないです。食べれないと思うと、余計食べたくなるというのは不思議なものです。

そして韓国で泊まっていたホテルでは、テレビで日本のBSは映ったものの、画面が止まっていたり、声が聞こえなかったりという通信不具合な状況でした。WiFiは無事に使えてましたし、情報入手への支障はそれほどなかったものの何となく物足りません。

そんな中、滞在2日目はゆっくり出発で10時前まで部屋にいたのですが、声の出ないテレビを、一応映していると「お助け同心が行く」をやってました。
DSC_0027 (2)_320
自分も現金なもので奥田佳子さんの出演回終了したところで、以降のチェック忘れており、帰国したら又、佳子さんの出演回見ようと思いながら、トーキーの様な画面を何となく観てました。
DSC_0026 (2)_320
音は聞こえないのですが、必殺はじめ時代劇の数は観てきただけは有って、時代劇リテラシーはそれなりに高くなっている様で、中西良太さんが何か過去を背負っており、宮田早苗さん(おキレイです)とは元夫婦、横光克彦さんが一見善人そうで実は悪役なのかなとか大体の雰囲気は理解できました。
screenshot156 (2)_320
更に横光克彦さんの手下役で、まさかの関根大学さんがご出演されてました。奥田佳子さんがゲストでご出演の作品に話数は違えど、ころばし屋こと関根大学さんも出演されており、その勇姿を異国の地で見れるとは、これまた勝手に「こんな学園みたことない!」との縁を感じます。もしかすると鳩山との対決の後、殺し屋は海外に逃げたのかもという妄想まで湧いてきます。
screenshot160 (2)_320screenshot153 (2)_320
更に誰にも同意してもらえない話で恐縮ですが、10年以上前に上海のホテルで「必殺仕置屋稼業」の”おはっちゃん”こと、石原初音さんが出演されていた「がんばれ!ベアーズ」をたまたま見てびっくりした事を思い出しました。
DSC_0028 (2)_320
仕置屋ご覧の方であれば、ご理解いただけると思いますが、石原初音さんの場合、声に特徴ありすぎるので、今回の様なトーキー状態では絶対分からなかったという変な自信があります。
screenshot150 (2)_320
また脱線してしまいましたが、今回もそんな関根大学さんも参加されていた、奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の高松ロケ編の聖地(ロケ地)探訪の中から、屋島寺につきましてご紹介させて頂きます。
screenshot143 (2)_320
12話の中で、一条寺さやか、鳩山先生、お京、夢子の4人は鳩山先生が借りたレンタカーでの高松観光の中、屋島寺へと向かい、参拝する4人、少し離れた場所から4人を監視する関根大学さん演じる殺し屋がいるという構図です。
screenshot146 (2)_320
まずはM君に再現してもらいます。大雨の為か、周りに人がおらず、いつ通報されても不思議のないスタイルながら、あっさり写真は撮れました。
DSC02153_320.jpg
ただ、映像では後ろに立派な瓦が映ってますが、同じ様な角度で映りこむものが見つかりませんし、門の雰囲気も違う気がします。
screenshot145 (2)_320
千社札もありませんので、もしかすると別撮りかと思いましたが、このシーン参拝しているさやか達からズームアップされてますので、そういう事では無さそうです。
DSC02166_320.jpg
こんな看板があったので、千社札はどこかで剥がされたという事かもしれませんが、一方でお賽銭箱の形状は劇中と一致して見えますので、場所も恐らく同じではないかと推測してました。
screenshot147 (2)_320
DSC02164_320.jpg
ただあまりにひどい雨の為、周辺を十分な確認できていない面もあると思いますので、次回訪問機会があれば、再確認したいと思います。

そんな事を考えていると、宇高連絡船以来続いてきた宇高航路が先週で営業休止という報道が入ってきました。「こんな学園見たことない!」が放送された32年前は、瀬戸大橋の開通直前だったこともあり、この航路は本州と四国を結ぶ大動脈だった筈で、次回の高松行きには使ってみたい気持ちもあっただけに残念です。

それでは、今回もM君の謎かけでそろそろまとめさせて頂きます。
お題は、賽銭箱です。

景気が良い時代の賽銭箱と掛けて
捜査令状と解く
その心は
サツが入ります

それでは、いよいよ今年も残り少なくなってきましたが、皆様お身体お気を付けください、

プロフィール

夢 時次郎

Author:夢 時次郎
奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」30周年を記念し、レビュー実施しました。関連する記事、画像につきましては、時代背景をご理解頂く為に引用させて頂いております。全24話詳細レビューは書庫”全話レビュー”にあります。
コメントは公開時期に関わらずお気軽にお寄せください。但しこのブログに関連しないと判断される投稿につきましては削除させて頂く場合もございますので、ご了承ください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR