"月の光"が少女を女優へと導いた!?

ご訪問ありがとうございます。ここ2回、完全にテツブログみたいになってましたので、少し趣向を変えてみます。
高松の聖地巡りにつきましては、次回以降順次公開してきますので、しばしお待ちください。
  
昨年末に書店で星新一フェアという企画をやっており、そのリーフレットを見て読み返したいなと思っているお話があったのですが、昨年末から3月頃までは何故か余裕がなかったので、最近ようやく読めました。

初期からの奥田圭子さんファンであればここでピン!と来られるのかなと思いますが、圭子さん、デビュー当初から星新一さんの「月の光」の中の”孤児”の役をやりたいと話されてます。

85年の2枚目のシングル「瞳の中に」発売時のオリコンのインタビュー、88年のファンクラブ通信、90年のドラマ出演時のコメントでも、ずっとこのお話に言及されてます。(90年の作品詳細については、また別の機会に)

このお話は新潮文庫から、今も発売されている「ボッコちゃん」の中に収録されてますが、ある金持ちの男が一人の孤児の少女をペットとして育てるというお話です。”ペット”の少女は15歳で長いつやのある髪、美しい目、美しいからだを持っていると描写されてます。

そしてこれは是非お読みいただいてという事になるのですが、セリフもまったくない役で、さらに、すんなりしたからだをバネの様にはずませ、鉄棒にとびつくという表現も出てきます。容姿も申し分ないと思いますし、セリフもなく表情だけの演技、鉄棒を使う身体能力も必要ですが、このインタビューの翌年の”天使のアッパーカット”での演技を拝見しても、圭子さんなら全く問題なかったでしょうから、是非見たかったお話です。(長い髪というところからも”天使のアッパーカット”の直後辺りがベストだったかもしれません)

1990年の圭子さん24歳の時のインタビューでは、「デビュー当時からこの役をやりたかったんですが、この年ではもう無理ですね」とおっしゃられてますので、圭子さんの長年の念願だったのかなと思うと、残念ですね‥。

因みにオリコンのインタビューでは星新一さんに歌詞を書いてほしいともおっしゃられてました。まだそういう可能性のあった時代だったのかと思うとともに、これも叶ってれば、伝説の曲になっていたでしょうね。

自分も小学5年の時に初めて買った文庫本が星新一さんの「きまぐれロボット」でした。180円で、普段親に買ってもらっていた本よりも安かったことも覚えてますが、自分で文庫本を買って、すごく大人になった気がしてました。その後も結構、星さんの本は読んでましたので、圭子さんが星新一さんが好きというファンクラブ通信の記述を見て、単純にうれしかった事を思い出します。

昨年から改めて、圭子さんの活躍を振り返ってますが、ニューウェーブのバンド好き、そして読書好きと、事務所が準備したプロフィールやキャラ付けでなく、自分の考えをきちんと持たれている人だなと改めて感じます。

最後に全くの余談ですが、今週、実家が高松という人と話す機会があり、「空港の近くです。」といわれ、思わず「古い方ですか?」、「新しい方ですか?」と聞いてしまいました。「高松詳しいんですか?新しい空港も結構前ですけど」といわれ、「いや。特に詳しくは・・」と口ごもってしまいました。あたかも13話でさやかに「学園長先生も高松ご存知ですか?」と聞かれ、口ごもった学園長の様だと、一人思ってた事はこの場だけの秘密です。


それでは次回もよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト



もしも瀬戸大橋がなかったら その2

今日はオークスでした。久しぶりにリアルタイムでテレビで競馬中継を見ました。当ブログで応援しているサトノワルキューレ、残念ながら1位争いに絡めませんでした。サヤカチャンは最初からペースメーカーの様でした。
サトノワルキューレ、サヤカチャンが1,2フィニッシュであれば、”ワルキューレさやか”への注目度上がるかもと、少しだけ淡い期待抱いていたのですが、叶いませんでした。

そしてレッドサクヤは4位でした。自分は3頭の単勝の馬券を買いましたので、記念切符の様に置いておきます。

さて、前回に引き続き、「こんな学園みたことない!」、11話での高松への行程を1988年当時の時刻表で追いかけていきたいと思います。


まず、前回の結論として、京子、夢子、鳩山は午後に東京出発で、劇中に出てくるジェットライン使った場合、さやかと同日には高松には届かない事判明しました。今回は翌日に動いた場合のルートを整理してみたいと思います。(今回、時刻表見てて気づきましたが、裏面の1面広告が件のジェットラインです。瀬戸大橋開通前で固定客確保でプロモーションしていたのでしょうか?)


1)京子、夢子の移動
嫉妬に狂った京子が夢子と高松へ向かいますが、職員室でさやかが高松へ帰省したと聞いた翌朝、出発したと仮定します。ジェットラインは大阪 天保山発7:15、14:30、そして神戸中突堤発9:25、12:00しかありません。

東京駅 6:00発のひかり21号で新大阪着8:56、このひかりは新神戸止まりませんので、14分後に新大阪始発のひかり183号に乗り継いで新神戸着9:25です。新神戸から中突堤までは地下鉄は不便なので、タクシー移動になりそうです。因みに新大阪9:06発の在来線に乗換えると、中突堤に近い元町駅9:49着です。
その他、阪急線や阪神線も新大阪から淀川渡った梅田駅に乗換える必要ありますので、選択肢に入りません。長々書きましたが、朝一の9:25神戸発の船には東京当日出発では乗れません。

という事で、必然的に12:00発の神戸中突堤発になりますが、その場合でも7:12東京駅発のひかり101号で、新神戸10:25着くらいでないと厳しそうです。そして12:00神戸発のジェットラインで高松着13:55ですから、辛うじてわら家のうどんを食べれるかなと思います。

リアルにわら家行こうと思うと、14:28高松発で屋島着14:43です。そこから15分ほど歩くので15時すぎですね
琴電という選択肢もありますが、わら家には少し近いものの所要時間はトータルでは殆ど変わらなさそうです。
その後、市内に戻ってることとか考えてると頭痛くなってきます。このあたりはとりあえず無視しておきます。

2)鳩山の移動
京子たちの家出を聞いてすぐ出発、夕方には一条寺家にいることを考えると14:30大阪天保山発と仮定します。
新大阪から地下鉄乗り継いで天保山と考えると、東京発10:16、新大阪着13:34のひかり229号には乗る必要あります。6時台に家出に気づき、京子達の母親がすぐに学校に駆け込んでくれば、何とか間に合うかなと一安心しかけて、この船の高松着の時刻を見ると16:45です。ここから一条寺家に移動すると恐らく18時過ぎるので、鳩山先生がヌンチャクで気絶して再度復帰してから、再び栗林公園とかに戻る余裕は無さそうです。


更に謎は深まってしまいました。まだ続けたいのですが、あまりこればっかりやっていると、このブログの読者の方が今まで以上に離れてしまいそうなので、続きは少し間を開けてまたやります。
写真は高松駅前に飾ってありました宇高連絡船の錨です。次回このネタをやる際には劇中では出てきませんが、宇高連絡船ルートも検証に加えたいと思います。

以前からお話してました聖地巡りの件、先週末、無事に高松へ訪問してまいりました。撮影地はかなり特定できてきましたが、やはり30年という月日は風景をかなり変えているなと思います。今後そちらもゆっくり公開させて頂きますので、お付き合い頂ければ幸いです。
関連記事

もしも瀬戸大橋がなかったら その1

「こんな学園みたことない!」、高松ロケ回の聖地巡りに先駆け、11話の高松への移動について検証しようと、瀬戸大橋開通前の1988年2月号の時刻表をヤフオクで落札してみました。300円だったので、許容範囲かなと思ってたのですが、重たい雑誌ゆえに送料が落札価格の倍以上掛かるというオチがついてしまいました。冒頭から愚痴っていても恐縮ですので、本題に移らせていただきます。よろしければ、以下URLをご参照ください。

https://blogs.yahoo.co.jp/yume_tokijirou/33369440.html 11話その2
 

1)さやかの移動
学校終了後、そのまま羽田空港に向かい、懐かしの東亜国内航空(TDA)の機材で高松空港へ飛んでます。

TDAのダイヤは羽田発 8:10、13:00、14:50ですが、始業式帰りで即、羽田空港に向かったとして、
恐らく13:00発ですね。当時の高松行きの機材は全便YSです。

設定上、鴻南学園が近いと思われる田園調布駅から東横線で渋谷、山手線で渋谷から浜松町から羽田という移動かと思います。浜松町からのモノレールは所要約15分 290円と速いし、安いですね。(駅の位置が現在と違うのだと思いますが・・)、羽田空港のターミナルに外から移動しているところから、バスかタクシーかもしれません。バス路線は時刻表では使えそうな路線はYCAT発と、川崎駅発しかないので、赴任時と同じくタクシーなのかもしれません。

劇中で出てくる高松空港も非常に小さいです。こちらは今とかなり位置が違うようです。

このTDA393便、高松空港着14:55ですので、ここから、一条寺家のある設定の”高松市長浜町1-6-1”まで移動してますが、さやかが「やっと着いた」と言ってるので、空港からも1時間以上は掛かると推測しますので、到着16:00~17:00くらいかなと思います。

源太の作った手打ちうどんを食べた後、陽の高いうちに海辺で話がするの難しそうです。



2)京子、夢子の移動
嫉妬に狂った京子がすぐに荷物をまとめたとしても、東京駅13:00のひかり9号に乗るのが精一杯ではないかと思いますので、その場合、新大阪着15:56です。JRにはなっているとはいえ、のぞみも、新幹線の品川駅も無い時代というのを改めて実感します。

そこから、劇中に出てくる大阪 天保山発のジェットラインに乗ると高松着、何時かなと思ったら、14:35大阪発が最終で到底接続不可能です。ジェットライン降りてから、高松駅にわざわざ来てますが、当時のジェットラインの降り場と高松駅近かったのでしょうか?その点は、時刻表からだけでは読み取れません。

京子たちを追いかけた鳩山の分も検証しようかと思いましたが、京子たちが届かないので、絶対その日の内は無理ですね。劇中では特に具体的な日にちの経過、描写されてませんが、実際は翌日の移動と考えた方がよさそうです。改めて考えるに、CM明けから日にちが変わっているというのが妥当な解釈なのかもしれません。鳩山が店屋物食って職員室の長椅子で昼寝しているのは、翌日の当直担当という描写なのかもしれません。

さやかの衣装がCM明けも同じなので、ミスリードされてしまったかなとも思います。私もまだまだです。

3)女木島への移動
こちらは現在とあまり変わらない船の状況の様です。8:00、10:00、12:00、13:00、14:00、16:00、18:10の高松行きの船が存在してました。(現在は13:00の便が存在しないようです)

東京を出発する時点でも、現在と違うことが多く、色々疑問がわいてきます。この検証を誰が待たれているのかという気には既になってきますが、折角時刻表買いましたので、これを使い倒す為にも、自分の中に眠っているテツ魂に頑張って火をつけ、翌日出発のケースと、宇高連絡船使った鳩山たちへの推奨スケジュールもまとめてみたいと思います。長くなりそうなので、この続きは別項にゆずります。引き続きよろしくお願いいたします。
関連記事

パニック!仁と松岡和男の対決

GW後半は皆さま如何お過ごしでしたでしょうか?明日からお仕事という方も多いのではないでしょうか?
自分も無事に社会復帰できるよう、心がけたいと思います。

「こんな学園みたことない!」の高松のロケ地については、花笑さんはじめ皆様のご協力もあり、テロップない部分もかなり特定できてきたと思うのですが、さやかと源太が母について話をしているこの突堤の場所が不明です。ヒント少なすぎる気がするのですが、もしかしてここじゃね?という情報、間違っていても結構ですので、コメント頂ければ大変ありがたいです。



さて、表題の件ですが、GWに「天使のアッパーカット」を見ていて、主役の慶子の父で寺田農さん演じる松岡和夫と三浦友和さん演じる西村 仁の共演、どこかで見たことがあるなと5秒ほど真剣に悩んでたんですが、「こんな学園みたことない!」開始の1週間前に放送されていた「必殺仕事人ワイド 大老殺し」ですね。


最近、「西郷どん」にも登場の井伊大老、桜田門外の変で横死を遂げられてますが、そのご大老を殺したのが、実は中村主水だったというお話です。(タイトル時点でネタバレです)

この作品の約2年前の「影の軍団Ⅳ」の最終回でも15代服部半蔵に井伊大老は殺されてます。

必殺では水戸の浪士達が襲う直前に主水が殺していたという設定に対し、”影の軍団”では浪士に殺されたのは実は影武者で、半蔵が隠遁先を突き止め、首を取ってます。この順番からすると、実際にご大老を殺したのは半蔵という事になりますね・・。(主水が殺す→浪士斬りこみも影武者→本物は半蔵が首を打つ)

三浦友和さんは、レギュラー時と同じ、”南京玉すだれ”を得物に使うかげろうの影太郎の役で出演されてます。

出番は非常に短いものの、大老を殺した主水に対し、「井伊大老が今の日本にとって必要な人だということはあなたにも分かっていた筈」と主水に批判的な意見述べるシーンがあります。

影の軍団では、井伊大老は100%悪役でしたので、必殺が東映調の勧善懲悪の時代劇ではないという事を感じさせてくれる貴重な役回りでした。(彦根に縁のある先輩が折角、直虎で井伊家のイメージ良くなったのに、今年はまた悪役にされていると嘆いてました。)

一方の寺田農さんは、佐渡金山の脱走を監視している地獄組の頭領である鉄眼の役を演じてました。

この鉄眼、恐らく時代劇史上、最強ではないかと自分は思ってますが、両手、両足がロケットパンチになっていて、尚且つ、眼からビームが出ます。

必殺というより、”赤影”とか”天空剣士”とかに出てきた方が似合うキャラだと思います。

前置きが物凄く長くなってしまいましたが、劇中でこの二人が対決するシーンがあり、原理全く不明ですが、鉄眼に投げつけた影太郎の玉すだれが、一瞬でバラバラに崩されてしまってました。(決着はつきません)

当時、「天使のアッパーカット」を事前に見ていれば、もう少し、ニヤニヤしながら見れたかなと思います。


この「大老殺し」、脚本の吉田剛氏お得意の歴史フィクションがふるっていて、個人的には結構好きな作品なのですが、残念ながら世間の評価はあまり高くないようです。ただ、一点、個人的にも不満なのは折角、佐渡金山の地獄組が出るのであれば、佐渡の金山奉行所にいた事のある主水に、セリフだけででいいのでそのあたりを語らせてほしかったなとは思います。(その点は、別のスペシャルで突然回収されますが・・。それはまたの機会に)
この作品はケーブルテレビ等で、結構頻繁に放送されますので、機会ありましたら是非ご覧頂き、コメント頂ければ有難いです。

この作品の前半は伊豆の下田でハリス率いる米国の通商使節の慰安の為、江夏豊氏扮するジョン万次郎の指導で日米対抗野球をすると言う流れなのですが、下田の筈が思い切りいつもの京都の大覚寺が出てきてます。そういう意味では必殺のロケ地巡りはほぼ京都で完結しますね。

今回の表題は、昨日、「パニック ラーメン騒動」の検索ワードで当ブログにお越しいただいた方がいた事と、昨日、友人とラーメンを食べていて、胡椒を振りかけながら6話のラストの話をしていたので、面白い偶然だなと思いながら、無理やりつけてみました。センスの悪さは御容赦ください。


当ブログの本筋に立ち返ると、この「大老殺し」の週のテレビジョンには「こんな学園みたことない!」関連の記事が3つありました。その内の2つは既に「6話おまけ」と「年始にこんな学園みたことない!後編」で紹介済みです。

そして、もう一件が、以下の秋ドラマの主題歌として「Single Woman」が紹介されてる記事となります。

上の段に記載の荻野目洋子さん、昨年、突然再ブレイクされてましたので、佳子さんも是非、何らかの形で芸能のお仕事再開頂ければなと思います。ご本人のご意向分かりませんので、一ファンの勝手な願いですが・・。

そして、ご出演作の放送情報ですが、「隠密・奥の細道」がホームドラマチャンネルで、5月24日から放送開始されます。圭子さんのご出演回は22話とだいぶ先ですが、ご覧頂ける方は是非にと思います。放送日程確定しましたら、情報アップします。ここでも結構な難しい役をこなされてます。
(当時の録画で画質良くないですが、参考に貼付します)


今回は少し脱線気味ですが、細々とでも、続けていきたいと思いますので、次回も宜しくお願いいたします。
関連記事

プロフィール

夢 時次郎

Author:夢 時次郎
奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」30周年を記念し、レビュー実施しました。関連する記事、画像につきましては、時代背景をご理解頂く為に引用させて頂いております。全24話詳細レビューは書庫”全話レビュー”にあります。
コメントは公開時期に関わらずお気軽にお寄せください。但しこのブログに関連しないと判断される投稿につきましては削除させて頂く場合もございますので、ご了承ください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR