エチオピアの洞窟はどこにあるのか?

先月人生で初めてエチオピア料理を食べてきました。ヤギの肉やインジェラというクレープ状の黒いパン、クスクス等を頂きました。また、イスラム教ではなく、キリスト教国でもある為、お酒も種類はありました。

あまり想像できていなかったのですが、素直に美味しかったです。

エチオピアというと、自分の中では星座の神話のイメージが強かったのですが(アンドロメダ、カシオペアはエチオピアの王家の設定)、この場合のエチオピアというのは、ギリシアの人々から見たアフリカの総称ということのようですね・・。

そしてもう一つ思い出すのは、このブログ的には当然、奥田圭子さん絡みのお話です。「こんな学園みたことない!」放送終了時のファンクラブ通信で、圭子さんは「エチオピアの洞くつの中で結婚式を挙げたい!」という夢を語ってらっしゃいました。

中々独創的な夢をお持ちだなと当時思っていたのですが、昨年、リトルノさんから情報頂いた雑誌のインタビューによると、圭子さんの理想は「洞窟の中で・・」が先であり、洞窟がエチオピアにあると聞いたが故にという発想だったそうです。(雑誌のインタビュー記事に有った貴重な撮影風景の写真より)

そして圭子さん演じる一条寺さやかは31年前の3月27日に放送された「こんな学園みたことない!」の最終回では古尾谷雅人さん演じる鳩山との悲しい別れが描かれました。

それまでのドラマの中で二人が絆を強めていった過程からも、まさかの別れであったが故に、何とか二人が幸せになっていて欲しいなと考えてしまいます。

昔話によくある「それからは末永く幸せに暮らしましたとさ・・」という結末であれば、あまりその後の事も考える事もないでしょうから、悲しい結末であったが故に、色々想像したくなるのだと前向きに捉えておきたいと思います。

今回はそんな二人が無事に結ばれるシーンが描かれていれば、「こんな学園みたことない!」の中でも着られたであろう圭子さんの麗しいウエディングドレス姿のお写真を載せさせていただきます。

写真は鎌倉ペンション物語の最終回からですが、隣には鳩山がいる事を想像頂くのも良いかなと思います。
(鎌倉ペンション物語はビデオが歯抜けにしか残っておらず、残念ながらこのシーンの映像がありません・・)

今日は平成最後の日(違います・・)、そして明日がエイプリルフールなので、何か面白い話が無いかなと、頭を捻っていたのですが、気が付くと、ドラえもんの「ソノウソホント」使えれば、「こんな学園みたことない!」のソフト化を実現できるかも!と大人げなさすぎる事しか思いつきませんでした。もう少し地に足の着いたことやるしかないなと思いなおしております年度末です。それでは次回もよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト



こんな学園みたことない!最終回から31年

早いもので、今日で「こんな学園みたことない!」最終回から31年です。
番組のレビュー終了後も、皆様のおかげもありまして、1年間何とか続けられております。
周辺情報含めた番組の記録としても、それなりに充実できてたと思います。

画像は、最終回からワルキューレさやかの活躍です。

少なくとも同時期の他の番組に遜色のない情報量にはなってきたと自負しております。
引き続き頑張りたいと思いますので、皆さま今後ともよろしくお願いいたします。
関連記事

もしも雄二の線が切れたら

最近、DoCoMoのCMゼニクレージーが登場してますね。我々世代にも、相当にマイナーな存在だと思いますが、平成も終わろうかとするタイミングでまさかの復活です。

同列に語るのはかなり抵抗はありますが、ゼニクレージーが復活するなら、”ワルキューレさやか”も十分可能性ある気がしています。何にせよあきらめないことは大事だなと考えてます。まさかゼニクレージーに勇気づけられる日があるとは思ってもいませんでした。

コンドールマンは辛うじてリアルタイムで見た記憶があり、ゼニクレージーの真似をしてエースコインを食べてたと思います。別の記憶とごっちゃになっている可能性もありますが・・。そう思ってると、エースコイン安売りしてたので思わず買ってきてしましまいました。

今週は先週に引き続き、奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の時代にSNSがあったらという仮定で書かせていただきます。

タイミング的には最終回からと思いましたが、それをやってしまうと終わってしまいそうなので、順番に素直に2話で行きたいと思います。

#マザコン雄二
しゃべり方、ウザ杉内!

SNSはネガティブなことも出てくるので、こういう感じの書き込みもありそうかと・・
これは家富洋二さんの演技に対する誉め言葉と思います。

#ママゴン
ママゴンって今時?70年代かよ!

劇中でマザコン雄二のママゴンといわれてましたが、当時でも既に聞かない表現だったと思いますので、80年代当時の気持ちでの「70年代かよ!」です。

#情けなくて涙がでらあ!
はっちゃくの母ちゃん!父ちゃんはどこ?

今回の雄二のお母さん役は、あばれはっちゃくの母ちゃんこと久里千春さんです。
かなり回りくどいですが、はっちゃくのお母さんから、父ちゃんの決め台詞がトレンドに上がったりするのはありそうだと思います。

#中二は立派な大人だよ!
え・・。わい中3なんやけど・・。もう子供じゃいれやんの??


鳩山が、雄二の事を子供として心配するさやかに「中二は立派な大人だよ。」と返します。多分このセリフに全国の中二、中三は反応してしまったと思います。因みに「いれやんの?」は泉州、紀州辺りの表現で、この場合は「もう子供ではいられないの?」という意味合いです。各地でバズっているイメージで考えてみましたが、皆さんの地元の表現に置き換えてもらえればと思います。

#アメ車!!
烏山、むしろ被害者じゃん。

雄二に車壊され、ワルキューレさやかにボコボコにされる烏山見て、思わず呟く人いそうです。地上げ屋なのに、警察に電話しようとしてしまう船橋さんです。

#くす玉
誰作ってるの?このクラス器用なやつ多すぎ


劇中でさやかの祝10人目と、エンディングでくす玉登場です。
本編の時も書きましたが、絶対生徒の父兄に職人いると思います。

#セシール
さやか先生、衣装4回も変わってる!やりすぎセシール!




ワルキューレさやか含めると5着です。全てを魅力的に着こなされてる圭子さんは流石です。セシールさんもお喜びだったことでしょう。

最後に今回のタイトルですが、「もしも雄二が…」で考えてた中、つい必殺好きの血が騒いでしまいました。SNS感皆無ですが、車壊すくらいにプッツンしたという意味で、ご容赦ください。それでは、次回もよろしくお願いいたします。

関連記事

もしも、"#ワルキューレさやか" がトレンド上位になったら

先日、名古屋に行くタイミングに合わせ、NHK名古屋で行われていたトクサツガガガ展と、一部ロケ地確認してきました。(信じてもらえないかもしれませんが、あくまでついでです。)

劇中の小道具や、ディテールまで作りこまれたヒーロースーツも展示されていて盛況でした。


ネット上ではかなり話題になっており、毎週トレンドでも上位に来ていた「「トクサツガガガ」ですが、視聴率の観点だけで見ると平均で3.9%と、NHKだとしても決して成功作とは言えない結果ではないかと思います。

ついでながら「必殺仕事人2019」は関西12.4%、関東12.1%と前回より上昇してましたので、来年も継続されそうで安心しました。今回は2年A組ならぬ「3年A組・・」の最終回の裏だったので、少し心配してましたが、双方良い結果になって良かったです。

そして、奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」視聴率は1話の数値しか手元にないですが、5.9%です。当時は事情分かっておらず、打ち切り心配しながら見ていましたが、セシールさん1社提供という事で、そういう脅威もなく無事に予定通り、24話放送されました。

テレビがまだ娯楽の主役であった31年前の視聴率と、現在の数値を同列に扱う事は出来ないとは思いますが、もし、「こんな学園みたことない!」放送当時にSNSがあったら、いろんなワードがバズってたかもしれないなと想像すると少しニヤけてしまいます。という事で(どういう事で?)、今回は「もしも31年前にSNSが有ったら・・・」という観点で、まとめてみたいと思います。

まず1話であればこの辺りの言葉が、盛り上がりそうだなとtwitter風に書いてみました。

#奥田圭子
髪長くなって、キレイ!!

素直におきれいです。

#セシール
衣装協力?スポンサーも・・。何の会社?

当時、番組見るまでは、自分もセシールさんの会社名も知りませんでした。

#柳沢慎吾?風見?
役名遊び?風見慎吾も連れてきて!志郎も!

風見という役名は遊びかなと思います。

#烏山、#船橋
千歳コンビなん?烏山がボス?わい千歳船橋住みなんやけどwwwwwwwww

学園を狙う烏山興業の社長の烏山(左)、部下の船橋(右)です。

#こんな学園みたことない!
セリフでタイトル言った!!

ブルドーザーが突っ込んでくる学園に対して、思わず出たコメントです。

#H2SO4
硫酸の化学式、これで覚えれたわ。この番組、受験にも役立つわ。

松平先生(竹中直人氏)がブツブツと化学式呟いてます。

#ヌンチャク
カッコ良すぎて草

見ての通りです。圭子さん、本当に格好良く決まってます。

#右足、左足
くじいた足、間違えたら怖くて逃げたのバレバレだよね。ただの臆病?それとも?

途中、足をくじいたといって逃げ出した教頭ですが、事件後、すっかり忘れていた所に、足の具合を質問されて、うっかり逆の足を押さえてしまいます。

#ワルキューレさやか
って何?予告で言ってたよね?

リトルノさんから情報頂いた2話の予告で、「ワルキューレさやか」とセリフあるので、きっとここが一番盛り上がるとこになるかなと思います。

再放送か、ソフト化あれば、こんな感じで皆さんと共有できれば楽しいなと思います。そういう事も期待しながら、次回もよろしくお願いします。
関連記事

香川を代表する企業といえばどこになるのか?

最近自分は花粉症がひどいですが、周りの人に「花粉症なんて30年くらい前まで聞いたことなかったけど」と言われ、思わず、「1983年の必殺仕事人3でスギの花粉症に苦しんだのは主水って回ありましたから、少なくとも35年以上前にはあったんだと思います。」と即答してしまいました。心なしかドン引きされてた気がします。

自分も「トクサツガガガ」の仲村叶の様に、日々オタばれを避けて生きてますが、どうしてもいろんなところにトラップは転がってます。オタバレ避けられても呑みの誘いや、付き合い残業で見たいテレビが仕事で見れずという事結構ありました。なので仲村叶が言っていた”テレビが見たい”は何故用事と認められないの?というセリフにも共感してました。特に、自分にとっては社会人になってから唯一のレギュラー放送だった「必殺仕事人2009」の時は何度か仕事で見れず、”必殺”あるので残業無理ですとは言えず、残念な想いをした事思い出します。

今日は21:00から、リアルタイムでABC系「必殺仕事人2019」観れそうで、今回は安心です。
そういう意味では、奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の時期は受験生だったので、日曜19時からは何の妨害もなく、リアタイして、しかもコマーシャルの間は一時停止までするという事を徹底できていたことは幸せでした。(画像は何故かアクセスの多い5話より)

その作業が31年を経て、ブログ作成に役立ち、今、「こんな学園みたことない!」について熱く語ることができてますので、Yahooブログは終了してしまうようですが、何とかブログは継続する方向で模索したいと思います。

さて、先日、M君が仕事で香川県の観音寺市でお客さんと会食した際、香川県の有力企業ということで、「丸亀製麺?」、「あれは兵庫県、でも、味ははなまるより讃岐の味に近い。」とかの会話をした後に、「セシールは?」という事で質問してくれたそうですが、香川の方はなんと、お二人とも「セシール」ご存じなかったそうです。

「こんな学園みたことない!」で育った自分としては、当時、高松駅に立派な広告を出されていたのにも関わらずセシールを知らないなんて、「モグリでは?」と思わず聞き返しましたが、お二方とも丸亀出身で、「松山より高松の方が都会」という熱い想いを吐露していた生粋の香川県民だったそうですので、サンプリング数が2とは言うものの、通販で服を買わない男性からすると案外そのくらいの知名度なのかもしれません。この点については、香川県の地元の方のご意見頂ければ大変有難いです。

セシールさんについては、このブログでは何度かお話しさせて頂いておりますが、「こんな学園みたことない!」を一社ご提供、歴史に残る(大げさ)高松ロケを招聘の上、ロケ地をご提供、更に圭子さんをポスターキャラクターに採用頂いたりと、奥田圭子さんファンにとっては、先週取り上げさせて頂いたパイロットさんと共に足を向けては寝られない会社さんです。

これも何度かご紹介させて頂いておりますが、番組では毎回、奥田圭子さん演じるさやか先生の衣装プレゼントという企画もありました。

実際、「応募した人どのくらいいるのかな?」、「圭子さん以外の人が着るとどんな感じになるんだろう?」とか思ってましたが、圭子さんの16話の衣装であるアーガイル柄のワンピースを着ているご婦人を発見しました。

それは、11話で娘の家出より、娘の持ち出したトンカツ屋の売上金80万円を心配する(様に見える)夢子の母親仲子さんです。正面からは分かりにくいですが後ろからのカットではアーガイル柄がはっきり見えてます。


余談ながら、京子の母親 東子も難読ですが(知り合いからこの字であきこと読む人がいると聞きました)、仲子さんも読み方の選択肢は無さそうですが、珍しい名前です。

さやか先生と同じ服にはみえませんが、それはきっとセシールの製品がどんな人でも着こなせるユニバーサルデザインということですね。画像並べると、公開・・(以下自粛)みたいになっても困りますので、止めておきます。

明日は3月11日、震災からもう8年です。まだ被災から抜け切れていらっしゃらない方もたくさんいらっしゃる中、こうしてブログを書くことのできている日常にも感謝しながら、皆様の安寧をお祈りしたいと思います。それでは次回もよろしくお願いいたします。
関連記事

プロフィール

夢 時次郎

Author:夢 時次郎
奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」30周年を記念し、レビュー実施しました。関連する記事、画像につきましては、時代背景をご理解頂く為に引用させて頂いております。全24話詳細レビューは書庫”全話レビュー”にあります。
コメントは公開時期に関わらずお気軽にお寄せください。但しこのブログに関連しないと判断される投稿につきましては削除させて頂く場合もございますので、ご了承ください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR