江戸一番の美濃屋のうどんはテイクアウトできるのか?

緊急事態宣言も長くなってきました。自分はもう1か月まるまる電車に乗ってません。大学の時にホームステイに行ったとき以来のステイホームが、更に1か月程度追加になりそうで、だんだん社会復帰できる自信がなくなってきてます。

そんな日々の中、気分転換と地域のお店への理解を深める意味も兼ねてお昼は結構テイクアウトを利用してますが、先日までは一応在宅勤務なので、そんな遠出はできなかったのですが、ステイホーム週間に入り、ふと太秦にある江戸一番の美濃屋なら自転車で行って、お持ち帰り用のうどんを買って帰れるかもと思い立ちます。
美濃屋_320
京都の太秦で江戸一番?と、はてなマーク浮かぶ方も多いと思いますので、補足しますと”美濃屋”さんは、太秦の大映通り商店街にあるうどん屋さんで、中村主水こと藤田まことさんお気に入りの裏メニューもあるというその筋(どの筋?)ではとても有名なお店です。
DSC_0296 (2)_320
撮影所に出前をしていたり、出演者の方が食事に来られたりという縁もあり、必殺シリーズの劇中では江戸の有名料亭として”美濃屋”さんの名前が出ます。なお、もう一店”つたや”さんという有名店があったのですが、そちらは残念ながら2012年に閉店されてます。大映通りは、一見普通の商店街ながら看板もキャメラ型になっていたりと凝ってます。

太秦には、今も東映と松竹の撮影所がありますが、過去には商店街の名前に残る大映の撮影所もあったりと、現代の日本人の思い浮かべる江戸の風景はほぼ、この地域にあるオープンセットのものなのだと思います。
IMG_20200501_00361_512.jpg
ただ地図を観て頂いてもお分かり頂ける通り、松竹撮影所と東映の撮影所はかなりサイズが違います。(地図には入り切ってませんが、東映には更に隣接して映画村があります)
この狭さを逆手に取り、アップを多用した必殺シリーズを作り上げた松竹撮影所、王道時代劇や「科捜研の女」等の制作や開設から45年目の映画村の活用等、広いスタジオを有効に利用している東映京都と、時代劇の製作本数が減っている中でも、まさに切磋琢磨しながら、両撮影所が生き残っているのは、もはや京都の伝統産業と一つして認識されるべきと思います。
(鎌倉シネマワールドがオープンした際に、大船に住んでいただけに、以降の変遷を比較すると余計にそう思います)

因みに大映通りには、美濃屋さんだけでなく、松竹撮影所の食券利用できますという貼り紙のあるお店も有ります。
DSC_0297 (2)_320
更にこの商店街を抜けた嵐電の「帷子ノ辻」駅前には、松竹撮影所のスタッフやキャストの皆さんの打ち合わせにも使われる「スマート珈琲店」があり、数年前ですが、必殺シリーズのカメラマン、監督として著名な石原興さんをお見掛けして大興奮した事もあります。その隣のコンビニでは髷を付けたままの方が立ち読みしてたりと、この界隈はやはり特別な地域だと思います。

奥田圭子さんも、太秦地区での撮影の作品には10本以上出られてますが、「参上!天空剣士」、「月影兵庫あばれ旅」、「魔女の旋律」、「岡っ引きどぶ」、更に自分がまだ見れていない「八丁堀捕り物ばなし」は松竹撮影所(当時は京都映画株式会社)での撮影と思いますので、圭子さんもきっと撮影の合間に、この大映通り界隈でお食事をされたのだろうと推測します。
screenshot072 (2)_320screenshot053 (2)_320
そんなことを思いながら、12km程離れた我が家まで再び自転車で帰り、佳子さんも懐かしがっているかもしれない美濃屋さんのうどんを美味しく頂きました。(きつねを買いましたが、今度はお店で、見本のあげカレーうどん食べたいです)
DSC_0342 (2)_320
うどんを頂いてから、毎日放送の「ザ・リーダー」という番組に東映京都スタジオ(映画村)の山口社長が出られてた回を録画していたことをふと思い出し、視聴しました。

その中で、山口社長はリーダーとは、「後に続く人の良いところを見出し、自分の背中をきっちり見せる」という趣旨の話をされていました。時代劇文化の低迷、同じ映画のテーマパークであるUSJのオープン等を受け、過去最低の来場者数に喘いでいた映画村を復調させた方の言葉として非常に重みがあると思います。(入場者数 2010年72万人→2015年96万人)
早くコロナウイルスの影響を抜けて、映画村にも来場者が戻ってほしいです。

リーダーといえば、今週はさやか先生がトップの心構えを説くシーンも印象的な7話に関連するツイートをリトルノさんが上げて頂いてます。
TVステーションに記事が載った効果もあってか、従前より観て頂ける方が多い気がします。
screenshot075 (2)_320
更に5月1日にリトルノさんが奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の制作会社に対し、再放送、ソフト化についての嘆願書を制作会社に送付頂きました。
願いが叶い、さやか先生の笑顔、ワルキューレさやかの勇姿を皆さんに見て頂ける体制が早く整ってほしいと心から願っております。
screenshot076 (2)_320
それでは、この辺りで今週もM君から頂いた謎かけで締めさせて頂きたいと思います。
お題は、「テイクアウト」です。

インスタ映えを狙ったテイクアウト店と掛けて
晴れたゴールデンウィークと解く
その心は
素晴らしいヨウキです

それでは次回も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

Re: 京都

リトルノ様

こんばんは、コメントありがとうございます。
映画村、なんだかんだで頑張ってると思いますよ。

東映と松竹は巨人とヤクルトですか・・。なるほど。
関西だと、バファローズは残念ながら、阪神と棲み分けしきれてませんね。

京都は観光で来て頂く分には、全然敷居高くないと思いますよ。
ただ、他都府県出身者が住むには色々めんどくさいです。身を以て感じてます。

予告編ツイート楽しみにしてます。少なからずネガティブな情報を駆逐頂いてるのではないですか。
番組のほのぼの路線を含めてツイートで伝えるのは難しすぎる気がします・・。

賛同を集める活動につきましては、本当に頭が下がります。
引き続き私も微力ながら頑張ります。

謎かけへの座布団ありがとうございます。
それでは次回も宜しくお願い致します。










京都

高校の修学旅行で行った、一度きりですね。
太秦の映画村はその時に行きましたが、予想以上に面白かった思い出があります。

スケールメリットを存分に生かす東映・アイデアで規模の小ささを補う松竹、という図式を見て、野球で言えば東京における巨人とヤクルトの関係に、ふと例えてしまいました。

京都はどうも「敷居が高い」というイメージを持ってしまいます。
京都競馬場がこの秋から長期間の改修工事に入ってしまい、京都に行くきっかけがなかなか見出だせなくなり…。

予告風ツイート、これまで1~7話と21~24話(最終話)まで上げてきましたが、シリアス調で書いていることもあり、実際のドラマの内容とのギャップに戸惑わないか心配です…。
Twitterでの「こんな学園―」関連のツイート、最近は大半が私のツイートになっていて…冷や汗をかく思いですが、一方で事実誤認なツイートを駆逐できているのかな、という思いもあります。

嘆願書の送付は二度目ですが「見たい!」という思いをお寄せくださった方々のためにも、制作会社の誠意ある対応を切に望みます。
Twitter上で「こんな学園―」を「見たい!」という皆様の声を集める活動は、今後も継続してまいります。
引き続きよろしくお願いいたします。

>Mさん
見映え重視の近年の風潮には、どうも違和感をおぼえる私です。
今週も巧さが冴える作品ですね。
座布団二枚で!
非公開コメント

プロフィール

夢 時次郎

Author:夢 時次郎
奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」30周年を記念し、レビュー実施しました。関連する記事、画像につきましては、時代背景をご理解頂く為に引用させて頂いております。全24話詳細レビューは書庫”全話レビュー”にあります。
コメントは公開時期に関わらずお気軽にお寄せください。但しこのブログに関連しないと判断される投稿につきましては削除させて頂く場合もございますので、ご了承ください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR