時間の流れが忍法帖と料理帖を繋ぐのか?

ステイホーム週間は終わりましたが、まだ自分は在宅勤務の日々が続いてます。気が付けば、5月8日までの電車のオフピーク回数カードが期限切れとなってました。

10回は乗っていたので、元は取れたのですが、なんか負けた気がします。回数券といえば、関西では結構どこの駅前にもチケット業者の設置した自販機があり、ばら売りされてます。
交通系ICカードよりこちらの方が得という事もあり、関西地区ではICカードの普及ペースが遅かった気がします。(チケット業者が回数券を購入し、1枚ずつばら売りするという商売です。念の為)
DSC_0522 (2)_320
こういう自販機、自分も関東地区にも15年ほど住んでいても見た事が無かったですし、他の地域でも見たことないのですが、関西以外で唯一見つけた場所がありました。それが、先だってご紹介した奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」の聖地でもある小田急の祖師ヶ谷大蔵駅前です。
screenshot028 (3)_320
聖地訪問時には興奮してしまっていたので、そこまで気が回りませんでしたが、コロナウイルスが落ち着いての再訪問時にはそのあたりも意識しながら、回りたいと思います。
DSC_0585 (2)_320
そんな事を思いながらのステイホーム週間の5月3日は奥田佳子さんご出演の「小京都ミステリー 豊後路石仏殺人事件」の放送がありましたのでご覧になられた方も多いと思いますが、同日の朝10時からは「豊後路ー」の舞台の大分県出身の渡辺典子さんのデビュー作「伊賀忍法帖」の放映もありました。
DSC_0570 (2)_320
1982年の公開当時は薬師丸ひろ子さん及び角川映画のファンだったこともあり、「バラエティ」という角川映画の雑誌を買ってました。雑誌には脚本も載っており、何度か読んでたので、当時映画は見てなかったのですが、ストーリーはほぼ覚えてます。
DSC_0575 (2)_320
「怪傑ライオン丸」の獅子丸の師匠としても有名(?)な果心居士が、配下の忍者を使って、現在の大河にも出ている松永弾正と組んで、悪事を尽くします。因みに千葉真一さんが柳生石舟斎の役ですが、この写真だけ見ると影の軍団にしか見えませんし、最後は松永弾正を完全に悪役として叩き斬ってます。
DSC_0569 (2)_320
改めて見ていると渡辺さんはお姫様と忍びの二役で、更に首を切られて悪女と魂を入れ替えられての実質三役、更にラブシーンもあったりと、映画デビューとはとても思えない難しい役で、流石に57480人が応募した「角川映画大型新人女優コンテスト」の優勝者という感じがします。
DSC_0578 (2)_320
DSC_0580 (2)_320
渡辺典子さんは、あまり知っている人も少なそうな劇場版「積木くずし」にも出演されており、その際、父親役は藤田まことさんが演じられておりました。(公開は必殺仕事人Ⅳの時期です)
DSC_0588 (2)_320
リップサービスかもしれませんが、上述のバラエティ誌で「積木くずし」の特集が有った際は、必殺シリーズの大ファンという話もされてましたので、その点でもシンパシー感じてます。(後に必殺スペシャル「大奥 春日野局の秘密」にもゲスト出演されてます)

「秘密のケンミンショー」の大分編にご出演されているのを観て後、しばらくお見掛けしてなかったので、どうされてるのかな?と思っていたのですが、今年秋公開予定の角川春樹さんが監督する「みをつくし料理帖」に薬師丸ひろ子さんと共に、ご出演されるみたいです。
”忍法帖”から、”料理帖”にかなりの変遷ですが、角川春樹事務所は退所されているものの、長い時間を経ても角川さんとの縁が切れていない事は往時を知るものからすると嬉しく感じます。

佳子さんも、IVS音楽出版を離れて久しいのだと思いますが、是非再びIVSテレビ制作の番組にもお顔を出していただきたいですし、その為にも、まずは「こんな学園みたことない!」を観れる環境を整えて頂きたいと思います。
今週もリトルノさんのTwitter、神宮寺さんのblogでもソフト化につき、取り上げて頂いてますので、是非そちらもご覧頂ければと思います。尚、今週のリトルノさんの予告編風ツイートは8話に関してです。
そして「伊賀忍法帖」といえば、もうお一方、この作品がデビューの方がいらっしゃいます。多分ピンと来られる方、ほぼいらっしゃらないと思いますので、早々に正解を申し上げますが、ストロング金剛さんです。
DSC_0581 (2)_320
この作品での役名、果心居士配下の金剛坊を演じるにあたり、頭を丸め、ストロング小林から、ストロング金剛へと改名されました。(現在は再び、”ストロング小林”に戻されてるようです)
screenshot038 (3)_320
そんなストロング金剛さんは「こんな学園みたことない!」の4話にご出演です。金剛坊と同じく殺気みなぎる雰囲気で、烏山興業が果心居士に依頼して呼び寄せたのかと思うほどです。同番組のゲスト悪役としては最も手ごわい敵だったのではないかと思います。
screenshot029 (2)_320
screenshot046 (3)_320
この回のワルキューレさやかは、強敵を相手にいつにもましてカッコいいのですが、見るからに圭子さんの数倍の体躯と迫力があり、パワーファイターを体現するストロング金剛さんがいらっしゃってこそ、魅力が引き立てられていると思います。
screenshot034 (3)_320
ここに至るまでに、今回も前段長すぎたかもですが、この辺りで、M君の謎かけで締めさせて頂きたいと思います。お題は世代によっては知らない人もいそうな「積木くずし」です。

積木くずしと掛けて
近年のサンマ漁船と解く
その心は
フリョウに泣かされます

それでは次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

Re: No.9は末弟です

トムゴン様

そういう設定なのですね。No.9にようやく勝てた事を考えると、更に上位ナンバーは相当手ごわいですね・・。

No.9は末弟です

時次郎様
説明が不足して済みません。ナンバーの強さは逆です。ソ連の失われた技術で作られたクローンで、一番弱いのがNo.9で烏山に拾われたという所です。頑丈なだけが取り柄のNo.9に格闘術や知性が加わった上位ナンバーが敵になった時は.....

Re: ナンバー9

トムゴンさん
コメントありがとうございます。
烏山興業はクローン技術まで持っている設定とは、さすが、独創的なアイデアです。
でも、ナンバー9が負けてしまったら、残り8人はもっと役立たずな気が・・。

ころばし屋のストーキング能力高め説も面白いです。
高松でたまたまわら家で、京子と夢子に行き会えるのもミラクルすぎる気がします。

サヤカチャン@御池特別

最下位人気で、11頭中9着に終わりました。
雨に濡れた重い馬場は、サヤカチャンにとって好材料のはずですが、やはり先行してしまうと、直線で粘れるだけの余力はありません。ポジションダウンする一方でのゴールでした。

3カ月で6回出走は明らかに多すぎます。
しかも全てのレースで、結果を残せていません。
ともあれ、アクシデントなく無事に走り切ったことだけは安堵しております。
とにかく休養させてあげてほしいです。

ナンバー9

こんにちはストロング金剛さんが中の人だったNo.9ですが、耐久力はスーパープロと一、二を争いますね。でも、他にクローンの同じ顔の兄弟が8人いて、ナンバーは強い順ナノですね。強い他の人達は何をしている設定が(・∀・)イイでしょうね。あと、転ばし屋さんは殺人のスキルはそんなでもなくて、ストーキング能力に全フリしているみたいです。

サヤカチャン 雨に負けず走り抜いて!

いや〜2週間経たずの出走ですね〜。
リトルノ様の心配と同じ気持ちですが、なんとか最後まで走りきって欲しいですね。

とにかく、明日もテレビで応援します!

奇跡を信じて、楽しみです😃

サヤカチャン

今週末出走です。
あす・5月16日(土)京都競馬場の10レース・御池特別(芝1400m・15:00発走)に出走します。
距離は守備範囲ですが、この3カ月で6回目の出走となり、出走過多が非常に気がかりです。
好成績を上げられれば文句なしなのですが、まずは無事に走り切ってほしいというのが正直なところです。
ご注目及びご声援、よろしくお願いいたします。

Re: こんばんは♪

めぐめぐ様
こんばんは。逆にこのタイミングでのご出勤お疲れ様です。頭が下がります。

伊賀忍法帖見逃されたのは残念ですね(笑)
自分もめちゃくちゃ久しぶりです。昨年、藤井隆さんが”あさいち”で「少年ケニヤ」の話を
されてた時から、久々に観れて良かったです。
渡辺典子さんはグランプリなんですが、特別賞の原田知世さんの方が目立ってしまい、
何となくお気の毒だったのですが、今もご活躍されていてよかったです。

「レッツGOアイドル」にも金剛さん出られてたんですね。圭子さんもゲストで出られたことありましたので、
もしかするとその場でも共演されてたかもしれないですね。情報ありがとうございます。

Re: 金剛さん

リトルノ様

こんばんは。ストロング金剛さんの現役時代、お名前はさすがに記憶にあるんですが、
殆ど知らないんですよね。ただ、FAで移籍した野球選手という例えは分かりやすいです。

ナンバー9は烏山興業専属ですよね、恐らく。ワルキューレさやかに敗退後はどうしたのか、
改めて書いていると気になってきました。

青葉コンサルタントも色々な人を雇ってますが、誰も役に立ってないところは・・。
特に死体の確認もしないスーパープロの殺し屋は話にならないですね。

祖師谷大蔵は、本当にまた行きたいですね。いつになるのやら。

「積木くずし」は、本当にここからが悲劇ですよね・・。
謎かけもありがとうございます。



こんばんは♪

在宅勤務お疲れ様です。
コロナの影響はまだ続きそうですね~。
豊後路のほうは気付きませんでしたが
伊賀忍法帖は番組表で見つけて、予約しとこうかな~と思ってたんですよぉ。
忘れましたけど笑
渡辺典子さん懐かしいです。
ずっと上品なお嬢さん、というイメージ。
金剛さんは「レッツGOアイドル」でシブがき隊とコントやってたイメージが強いです笑
見た目ごっついですけど、優しくてチャーミングな方なんですよね^^

金剛さん

レスラー生活の後半は、不遇な印象が強いですね。
所属していた団体を辞めてまで、猪木氏との「団体エース同士の対決」を実現させたものの、移籍した新日では決していい扱いをされたとは言えず…。
FAで資金力のある球団に移籍したものの、十分な活躍の場を与えられず、冷遇されるようになってしまった野球選手の姿と、ダブって見えてしまうんですよね…。

ただ、4話でのワルキューレさやかの戦闘シーンに緊迫感と説得力を持たせたのは、金剛さんの存在が大きかったと、私も思います。
それに引き換え、同じ巨体の敵でも、21話の「スーパープロの殺し屋」は…失笑ものです。

ムエタイ使いや棒術使いなど、ワルキューレさやかを苦しめる強敵の、数は揃えていた青葉コンサルに対し、強敵らしい強敵は金剛さん演じる巨体の敵と、ころばし屋しか用意できなかった烏山。
資金力の差でしょうか?

祖師ヶ谷大蔵駅前のバラ売り回数券自販機の存在は、私も全く気づきませんでした。
ああ、一日でも速く上京できる日が…。

>Mさん
「積木くずし」はベストセラーになりましたが、一家にとってはそれでめでたしめでたしどころか、更なる不幸の始まりになってしまいましたね…。
座布団一枚で…。
非公開コメント

プロフィール

夢 時次郎

Author:夢 時次郎
奥田圭子さん主演「こんな学園みたことない!」30周年を記念し、レビュー実施しました。関連する記事、画像につきましては、時代背景をご理解頂く為に引用させて頂いております。全24話詳細レビューは書庫”全話レビュー”にあります。
コメントは公開時期に関わらずお気軽にお寄せください。但しこのブログに関連しないと判断される投稿につきましては削除させて頂く場合もございますので、ご了承ください。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR